パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 何となく「ジョン・ウー」な感じ・・・

<<   作成日時 : 2011/11/08 19:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

オリ平「FUJIKO」を打ってきました

演出全般は中々良い感じでしたね
若干、作画に荒れが有る物の、動くとき動いてますし
頑張ったんじゃないでしょうか
演出パターンもキャッツ2と比べて豊富ですし

今回、印象に残ったのは、キャラデザ同様に原作テイスト重視した為か
銭形が以前の間抜けキャラではなく
異常にハード&バイオレンスになってることでしょうか

とにかく、やたら銃を撃ちまくる!演出によっては二丁拳銃でぶっ放す暴れっぷり
何と言っても追いつめたルパン達に言うことが
何時もの「逮捕する!」じゃなく「射殺する!」ですからw
挙句の果てには、ルパンと銃を突き付けあっての銃口トークまで披露して
今さらながらの「ジョン・ウー」リスペクト?に少々古臭さを感じながらも
(そう言えば、銭形ロングコートも着てるしな・・・)
中々カッコ良く仕上がってるので良しとしましょう
画像

画像


残念部分

ただ、折角の原作テイスト盛り込んだキャラデザが
一部上手く書きこなせてないのが残念ですね、
特に主役の不二子がよろしくないですな・・・
乳は、ボーリング玉付いてるみたいで変だし・・・

声優変更関連は、良いんじゃなでしょうかね
そんな違和感も感じませんでしたし
一番評判よろしくない銭形も、今作の様な役柄なら合ってるんじゃないでしょうか
元々、五ェ門も不二子も二代目でしたしね

逆に唯一のオリジナルキャストである次元に違和感を感じたと言うか
浮いてる感を感じましたね・・・

まあ後、気合い入れて緑ジャケット復活させたまでは良いんですが
何だかんだ流れまくる大野雄二サウンドと全然マッチしてません・・・
やはり緑ジャケにはヤマタケサウンドじゃないと駄目ですよ
内容&演出的にも何時もよりはハードボイルドテイスト濃度高めでは有る物の
別に赤ジャケで良かったんじゃないか?と・・・

あと、緑ジャケ=過去と時間軸を設定したお陰で矛盾が生じてる、
今回ルパンが世界的に名を知られる様になったキッカケと
銭形との因縁の始まりを描いてるんだが
その時点で五ェ門は仲間にいないだろう?と

有名な話だが、原作でもアニメでも五右衛門は途中から出てくる敵で
ルパンとの付き合いは銭形の方が古い設定なんだが、捏造しちゃいかんよね・・・






モンキーマジックは元のPVアニメ垂れ流しですね・・・
当然別スタッフになるんでしょうけど、作画パートが頑張ってるね
キャラデザも一番最初のパイロットフイルム版の元祖アニメルパンのアレンジだしね
特に不二子の顔がパイロット版特有のデザインで、上手く再現してます
ジャケ色も、パイロット版では原作と同じ赤ジャケなんで、本編と違いここだけ赤になってます


ちなみに、タイムリリース仕様のEDですが
マイスロのツイン3の様な、パスワード入力によるロック解除なんて芸当は
そもそも外部入力デバイスが無いので出来ない筈なんで
内臓時計の時間調節するだけでロック解除出来るんじゃないのか?と思うんだが?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
不二子記事と関係ないコメントでもうしわけないのですが、キャッツ2はひどい有り様でした…主さんのおっしゃる通り

なんとか気力を振り絞ろうとしても絶望感が上まわってしまいます

原作モノは原作を無視したら破綻してしまうのがよーくわかりました
通りすがりのキャッツバカ
2011/11/09 21:25
通りすがりのキャッツバカさんこんにちは^^
まあ、色々とトータルで酷かったでしょうw
怒り通り越して呆れちゃいますよね
シティハンターはまともに成る事を切に願います
罰主
URL
2011/11/22 01:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
何となく「ジョン・ウー」な感じ・・・ パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる