パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 改善?改悪?リングにかけろ ギリシア十二神編A

<<   作成日時 : 2012/09/01 00:49   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

と言う事で二回目です
前回、紹介したスーパーブローを動画でどうぞ↓



今回は良い部分、悪い部分をまとめてみる

改善部分としては前回のスーパーブローのトンデモ設定追加
人物が全編アニメ描写でCGに頼らずキャライメージを損なってない部分

特に前述のスーパーブロー関連や試合中の演出で随所に
星矢的な荒木アクションを再現しており、
作画レベルはそれほどでもないが良い感じの”らしさ”は出ており、
姫野が作画監督やってクオリティは高いものの肝心の荒木アクションが欠けてた、
パチ星矢とは正反対の仕上がりになってます

両方が融合すれば、最高の完成度になるんですけどね・・・
(ちなみに、大半がCG描写をしめるスロ星矢は論外)


次、改悪部分
まず作品内の時系列が滅茶苦茶で
十二神編なのに、影道編やプロ編のエピソードが出てきたり
果てはポンコツ続編「リンかけ2」からのエピソードまで起用するカオスっぷりに
原作知るものとしては、あまりの統一感の無さに閉口します

(特訓演出で石松が巨大テトラポットを殴るってのは
リンかけ2でハリケーンボルト開発の時に行ったと語る後付け特訓エピソード)
画像



以前から書いてるが敵が六人に減らされてる事

他のシリーズの特訓エピソードや
(特に剣崎、十二神戦の為に特訓なんかしてないだろ?)
関係無い、シャフトやジュリアーノを子安とか声優まで使って
出番作る余力が有るなら残りの六神出せと!
声優のギャラ含め完全に金の無駄使いですよ

こんなの演出的に、通常時にバトル盛り込めば何とかなるだろ?
そこで日本Jr以外の4人と残りの6人の内、
原作でリングに上がった4神を戦わせれば良いんじゃないのか?
キャラによって信頼度に差つけて総帥が一番熱いとかで
番外勝負、総帥VSクレウサ戦なら確定とか?
勝てば日本Jrの試合=ARTに繋がって行く感じで
なんとかるでしょうよ?


次、この台最大の改悪部分を含む
キャラの人物像が変更されてる件について

今回、新規でアニメ化するにあたってスーパーブローと同じように
それぞれキャラの人物像プラス見た目の印象に変更が加えられてる

●ポセイドン
ゼウス以外ではナンバー2の最強クラスの敵の筈なのに
対戦システム変更と、スロとしてのARTの見栄えのバランス調整で
一番手の敵になってしまってるので、最強キャラの面影が微塵も無くなってしまってる

●イカルス
原作ではクールな感じのキャラだったが
性格の悪い少年風のキャラに変更
見た目が幼いので、前作のイカロスの師匠にはとてもじゃないが見えない・・・
画像


●メデューサ
戦闘モードに入ると、目の下に隈取が入り蛇男に・・・
画像


●ナルシサス
氷に写る自身の姿に酔いしれる演出で変態度UP!

●ハーデス
ギリシアボクサー唯一の黒髪だったのが真逆の白髪に変更
画像

ロクに顔も見せないまま、暗黒世界に引きずり込んで
制極界で攻撃はね返すだけで何もしてないキャラでしたが
今作では最初から姿をみせて正々堂々とボクシングする
ナンバー2に繰り上げられたキャラに相応しい風格が出てると思います
画像

声優も「田中秀幸」さんなんで大物感出てます


と、まあココまではキャラに個性出す意味でも改善と言って良い部分なんで置いといて
(ポセイドンの雑魚化は許せんけどね・・・)

最大の問題点はボスキャラであるゼウスですよ

●ゼウス

まず顎が四角くなってますw
画像

これだけで随分印象変わってしまってるんですが
こんなのは序の口です

で、問題の部分である人物像について

原作版のゼウスはそもそも
今回の世界連合Jrとの全面戦争を望んではおらず
部下のパンドラが日本Jrへの報復の為に独断で仕組んだ事で
ゼウス本人は一試合終えてボロボロの竜児と試合するつもりは無く
素直に敗北を認める潔さをみせる大物感漂う男で
竜児がカイザーナックルの所有者と知ったため、その所有権をかけて戦うことを決意する
と言った流れだったのが

試合システム変更にともない、そんな大物感はどこへやら

打ってて演出から読み取るに
最初っからカイザー奪取の為に、この戦いを仕組んでおり戦う気満々です
しかし自らは出向かず、部下を差し向け一試合させ疲弊させておいて
さらにそのボロボロの体でリングの有る富士山頂まで登山させた上で戦うつもりと言う
とんでもなく姑息な男に成り下がってます
画像

一試合終えて山登りさせられる可哀想な竜児

いや〜これは無いでしょ、今作のボスキャラであり
十二神束ねる男であり、伝説の最強ボクサーを
こんな小物にしちゃいかんでしょ・・・

ココだけは、どうしょうも無いレベルでの改悪ですよ
リンかけ2の息子?がヘタレのドサンピンキャラだったんで、それに準拠した?

そんな余計な事しなくていいから、ちゃんとゼウスを大物として描写しろと
アレンジ加えるなら、連戦だった原作と違いちゃんと後日完全な状態で戦わして
ゼウスの真の実力を描くとか色々有るだろう?

さらに言えば、声も担当声優が「辻谷耕史」さんで悪くはないんですが
部下のハーデスに田中さんがいるので、そっちの方が声優の格が上なのも有り
大物感漂ってしまってるのもマイナスポイントですかね〜

敵の人数減らすわ、敵の目的は変えるわで
褒めた映像表現の部分以外はガタガタで酷いもんです
原作たいして好きじゃないんでしょうね〜作った人・・・
十二神編に拘り無いなら、サブタイトル外して
リンかけ1-3とかでいいだろ?

どうせパチ版も出すんだろうから
そのときに12人出てくることに期待かけとくかね・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
改善?改悪?リングにかけろ ギリシア十二神編A パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる