パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「迷走」ボトムズC

<<   作成日時 : 2013/07/23 17:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

サンスリー「装甲騎兵ボトムズ」

パチンコ版発売と言う事で、久しぶりのボトムズ記事です
サミーのスロ版は、予算や容量と行った開発環境の問題をものともせず
限られた条件下で、やれる事をこれでもかとぶち込んだ
原作愛溢れる傑作でしたが

このパチンコ版打って変わって、
拘りや原作愛をまるで感じない酷い出来でした・・・
とにかく開発陣は、この版権の何が何十年も支持されてて
何が売りで何が魅力なのか?をまるで理解出来てない感じでしたね



まず基本の演出構成として
ウド・クメン・ワイズマンステージが有るものの
ストーリーの流れや時系列的な物は無視して
使える版権内から、おいしい部分だけ抜粋した典型的なパチンコ演出構成になってます
ここはまあ良しとしましょう

で、本題の細かい演出関連について
最初に褒めとくと

バトル演出のコンテとアニメ部分は良く出来てます

新規アニメは幻影編や孤影あたりの作画タッチで
パチンコ演出を意識してか前後の奥行きを使った
ダイナミックなパースアニメで派手に動いてて良い感じでした
レイアウト含むコンテもよく
CGもアニメ調の動きを再現する為
アニメで言う中抜き(と言う技法が有る)を部分的に行ってて、
あえてCG特有の滑らかな動きを殺し
ハッタリの利いた画像を原画的に使ってテンポ良く動かし
吉田徹的な、メリハリの効いたスピーディなATアクションを再現しようと試みており
後述するエフェクトの恩恵もありカッコイイAT戦が描かれてます
(この部分の映像としての”らしさ”はスロを上回ってます)

10連以降のラウンド中に塩山御大の
書下ろし含むイラストがふんだんに使われてます
画像

画像

画像

画像



原作再現された声優陣が豪華です
特にリーマン役の「池田勝」さんがちゃんと起用されてるのは好印象
他にも「イスクイ署長/屋良有作」、「ポタリア/速水奨」等脇役の面々も
たいしてセリフも無いのにベテラン声優ちゃんと起用してます



正直、それぐらいですね褒めるとこ
あとは駄目出し部分

まず、サンライズが担当してるであろう
そのバトル演出ですがコンテ自体はいいんですが
ATをCGで描写するのはいいとして
リアルタッチCGの上に、バズーカの弾、爆炎、マズルフラッシュ等のエフェクト関連を
全て手描きアニメで表現して被せてる為
ATとエフェクトが映像として融合出来ておらず
写実的なATだけが画面から浮いてしまってる
画像


このやり方で失敗&不評と感じたから、ペールゼンファイルで始めた物の
幻影以降でアニメ調のトゥーンレンダリングよりの表現に変更したんじゃないの?

CG描写よりも、手描きの方がマズルフラッシュや飛散る破片にしても
躍動感に溢れてて良い感じなんで、活かす意味でもATもアニメ調にしとけよと

そんな一応気合入ってる新規映像もレートが低くボケボケで
とてもデカイ液晶に見合う物ではなく
ATどうしの高速戦闘もノイズだらけで何してるのかわからない状態で
まあ勿体無い事してますよ・・・


次この台の一番駄目な部分

バトル演出は
ストライクドッグVSスコープドッグ
エクルビスVSスコープドッグ
オーデルバックラーVSスコープドッグ
スコープドッグリーマンカスタムVSスコープドッグ・ターボカスタム
新型AT「SQUIDE(スクイド?)」VSスコープドッグ

の五種類有るんですが
原作好きなら、もうお気付きでしょう・・・

原作シチュエーション抜粋にも関わらず
キリコの機体がリーマン戦以外、常にノーマルスコープドッグなんですよ・・・
本来は
ストライクドッグVSスコープドッグU
エクルビスVSライト・スコープドッグ
オーデルバックラーVSバーグラリードッグ
であるべきで

もっと言うと、
スコープドッグリーマンカスタムVSスコープドッグ・ターボカスタム(サンサ戦装備)
にする拘りも、この版権扱うなら必要でしょう

結局、キリコの乗機に関しては一体も原作どうりの機体が出ておらず
原作再現0%と言う凄い結果を叩き出してますw

この作品はキリコが機体を道具としてしか扱わず
色々と乗り替えていくのが特色なのに、そこカットしてどうすんの?と
確かに自機がコロコロ変わるのは
原作知らない人には、敵味方の区別が付きにくいので控えるべき部分だと思うんですが

別にザブングルがウォーカーギャリアになったり
ダンバインがビルバインになる訳じゃなく

同系列の機体乗り替えるだけで
見た目はほぼ同じなんだから問題は無い筈
おそらく、その分のCGモデル作る手間を惜しんだんでしょう
要は手抜きしたとしか考えられない

それじゃ、原作設定に矛盾が出るだろ?と
特にニーバ戦は、エクルビスの驚異的な運動性能に対抗する為
スコープドックを極限まで軽量化したと言う設定で
ライトスコープドックが登場した訳で、ノーマルドッグじゃ太刀打ち出来ないだろ?

ストライクドック戦にしても、スコープドッグUなんか色が緑の単色なだけで
モデリングの手間も無いしそのぐらいやれよと
まあそもそも場面設定がおかしく、原作で戦ったサンサじゃなく
背景や空の色からみてクエントで戦ってますからねw
イプシロンも前髪短いクメン編のデザインだし、ま〜あ適当ですよ

サンサでの初戦は通常バトルに
決着戦をART中に持ってきて、原作シチュエーションを演出に活かし取り込んだ
スロ版とは大違いです

そんな感じで、バトル内容自体も原作無視な部分が多々あり

原作では事実上敗北したテイタニアに実力で勝っちゃいますからねw
本編では、AT大破してほぼ負け確定の時に、
倒れ際にあらぬ方向に打った弾が跳弾して
オーデルバックラーの損傷した装甲の隙間からテイタニアの補助脳を直撃して
逆転すると言う、異能者の異能パワー全開でのチート勝利だったのに対して

パチ版は近接戦闘中に自らハッチを開けて、装甲の隙間を意図的に狙い撃ちすると言う
ゴルゴばりの超人スナイプで完全勝利・・・

あと完全決着するリーマン戦、あっさり勝っちゃうイプシロン戦等
色々と酷い展開になってます

原作どうり、負けさせろ引き分けにしろとかは言いませんが
別に勝ったように見せといて、ラウンド中に原作での決着シーン流せばいいだけの気がするんですが?
これ作った人は原作尊重なんて言葉は知らないのかもしれません・・・


ついでにもうひとつ
クメンステージでキリコがATで出撃、ワンカットだけ搭乗ATが出てくる演出があるんですが・・・
え〜〜もう、おわかりですねw
クメン編の乗機である湿地戦用のマーシィドッグではなく
当然のごとくスコープドッグで登場ですよw
(それも密林地帯で使い勝手の悪いロングバレルのヘビィマシンガン持ってwww)

あとリーマン機と言うかレッドショルダーのカラーリングが
赤い肩に黒いボディと言うブラッドサッカーカラーに変更されており
いつからそんな設定に変更になったんだ?と
画像

唐突にファンを戸惑わすような変更するなよ

細かい事色々書いてますがボトムズとしては当たり前の事で
こう言う部分なんですよ大事なのは
ファンのつぼを刺激するのは
当たり前の事をしっかり拘ってやるそれだけですよ
バーグラリーもスコープドッグの足に荒地用のトランプルリガー付けるだけでしょう?
(まあ正確には、細々と有るんですが)
愛情が無いなから手間を惜しむ拘らない
まあそう言うことなんでしょう・・・

そんな問題だらけのバトル演出動画



スロ版は「ラストレッドショルダー」ベースの専用ステージがありましたが
それに対抗したのか、STのレッドショルダータイムは
「野望のルーツ」をベースにしてるっ”ぽい”です・・・
(司令塔破壊する演出があったり、ST専用の敵でリーマンが出たりしてる)

が、ここもまあ適当で
基本リーマン率いるレッドショルダー部隊との戦闘を描写してるんですが
徹底的な野望のルーツ編に拘ったステージではなく
またも中途半端で意味不明な構成になってます

リーマン自体が、過去編である「野望のルーツ」にしか出てこないキャラなんで
必然的にそこの時間軸に合わしてるのかと思いきや
TV版より後のエピソードのキャラである
ニーバは出るわ、テイタニアは出るわ出鱈目で
グレゴルー達もその後のラストレッドショルダーのデザインになってたり
敵はリーマンなのにペールゼンに復讐するとか言ってたり適当この上ない

「野望のルーツ」ベースにしたなら徹底的に拘れよと
敵の時系列は通常時もそうなんで仕方無いとしても
せめて、五人目の仲間であるカースン出すとか
ターボカスタムの装備を野望のルーツの特色である
ミリタリー色の強いサンサ戦装備にするとか
画像

(リアルタイム処理じゃなくプリレンダムービー垂れ流してるだけなんだから
装備品増えてデータ量増えようが関係無いだろ?やる気があれば出来たはず)

おォ〜わかってるね〜、拘ってるね〜と呻らせる
原作に対するリスペクトを見せてくれと


マニア向けの版権使っておいて
キリコの乗機問題もそうだが
その特色である兵器としてのATを描写しないってどういう事?
ボトムズで有る意味がまるで無いと思うんですが?


次、新キャラの女PS
ユーマ・レオニダと新AT「SQUIDE」
画像

画像

画像

画像

バーサーカーモードみたいな状態になると
背中に付けてた、でかいアタッチメントアームみたいな物を装着
巨大化した手で攻撃する格闘兵器と思いきや
メインはパイルバンカーの杭を弾丸として発射する飛び道具だったりします


え〜金髪女・PS・赤い専用ATって
(まあ正確にはスロはネクスタントですけど)
スロ版とイメージ丸被りだろ?
もう少し考えろよ・・・

例えば、野望のルーツに出てくる幼少時のキリコを思わせる
子供PSとか、色々有るだろう?


新型ATは足の形状からして
ファッティーベースの新型って感じですかね?
形式番号もB・ATH-XXXとバララント製の物ですし
画像


まあ、ここも問題が有りまして
この女PS最終決戦はST中限定発生で
キリコとグレゴルー達4人と戦うんですが
グレゴルー達が生きてる時点で設定的にはラストレッドショルダー以前と言う事になる
(STと言う野望のルーツステージ限定って事はその時代のキャラって事?)
と言うことは、遅く見積もっても
TV版のウド編の時点でバララントがPS開発に完全では無いにしろ成功or着手してる事になる
これは秘密結社がイプシロン作るより前に完成していた事になり
ロッチナがその辺の技術をバララントにもたらしたとする設定と矛盾する

さらに野望ベースなら、フィアナより先にPSに出会ってた事になるし
ラストレッドベースなら、イプシロンより先に二人目のPSに出会ってた事になり
PS=フィアナと言う当時のキリコの先入観が不自然になる

専用ATも変で
型式番号がB・ATH-XXXで、時代的に後に開発されるエクルビスのB・ATH-XXより
Xが多く、後の型番になっており
ここも、有り得ないとは言いませんが不自然ですよ

何をどう考えて、この新キャラ&AT作ったのか知りませんが
一体、何時の時代のキャラなのか?
全てが矛盾だらけと言うこの台を象徴するかのような存在です



気になった部分で
大当たり中の映像に「孤影再び」のシーンが有り
画像

パラシュートで降下してるエルドスピーネが
黒いバーグラリードッグを攻撃してる映像も一瞬流れてた
隠し玉で使われてるのか?と期待しましたが
演出ひととおり見た感じ、
ここ以外孤影の要素は二丁ヘビィマシンガン以外見られないので
まあ入ってないでしょうね


あとアニメ作画が、バトルシーンは綺麗なんだが
通常演出の部分がヘロヘロで酷いですね・・・
さらにその部分だけ、影の輪郭線をぼかす最近流行りのエフェクトを掛けており
単調な作画にそんな事やってる物だから
ペラペラでノッペリ感が半端無いんですよ・・・
画像



次、楽曲面
スロ版は名曲揃いの本編BGMを的確に起用して
ボトムズらしさを完璧に演出してましたが
え〜〜この台、本編BGMが3曲ぐらいしか使われておりません!
それもメインBGMとしてではなく、
予告演出とアイキャッチにST突入時と言う限定状況のみで
通常時からの音によるボトムズの雰囲気の再現は行われておりません

ホント適当な台ですよ・・・



次は歌

大当たり時に9連までは「炎のさだめ」
10連以降は「いつもあなたが」
その先が有るのかはわかりませんが
サミーみたいに織田哲郎に新曲作らせてるなら、
もっと前面に出してるでしょうからそれは無いでしょう

問題は、赫奕を入れてるんだから
そのOPである「風が知っている」ぐらい入ってるよな?と

まあ入って無いと思いますが・・・
もし入ってても流れるのは20連以降だろうから
簡単に聞ける状態じゃないって事になる
入ってるなら、それこそサミーとの差別化を図る意味でも
ファンを喜ばす意味でも、もっと前面に出さないと駄目だろ

で後発で新曲とかも無いなら、
それこそ星矢じゃないが全部入りしか無いだろ?
「鉄のララバイ」も入れとけと


あと「炎のさだめ」もスロがTV版OPの映像だったんだから
ここも差別化する意味でOVAの谷口キリコ版収録しろと


とこんだけ書いても
役物関連もフェイスオブスコープドッグやローラーダッシュのローラーだけとか
センスの無さ全開で
普通、可動式ターレットスコープとかアームパンチだろ?
何でこんなセンス無い役物付けるかね?とか
ボトムズ版権なのに、OVAの演出メインで
本編たるTV版の演出比率が少なすぎだろ?とか
その弊害でヒロインのフィアナの出番が殆どなかったりとか
まだまだ書いても書いても終わらないのでこの辺で止めときます

最近、完成度はともかく
何だかんだ液晶クオリティ高い台が多かったので
どこも頑張ってるな〜と思ってたら
この出来ですよ、それも愛するボトムズで・・・

いや〜やれば出来るメーカーなんだから
もう少し愛情込めて作ってよ

結局、サンライズのロボット物なら何でも良かったんでしょ?
だったらマニアの多いボトムズじゃなく
バイファムにしましょうよ
あっちは、設定上スパロボにも出れない
使い道の難しい宙ブラ版権なんで、単独タイトルで製品化出来るパチンコ向けですよ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ガオガイガーの出来があんなんだったから、サンスリーに期待するだけ無駄だったかと…
サンスリーとサンライズ版権の相性の無さは異常

でも、声優の再現具合が結構本気なのは評価できる所でしょうかね
おそ松くんも、死亡声優以外はほぼ当時(2期)のキャスト勢を起用してるっぽいし

2013/07/25 23:13
@さんこんにちは^^

>サンスリーとサンライズ版権の相性の無さは
ほんとですね・・・
これで諦めてくれればいいんですが
性懲りも無く、他のレイズナーとかガリアンとかに
手を伸ばさない事を祈るばかりです・・・
罰主
URL
2013/11/04 10:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「迷走」ボトムズC パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる