パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS まどか☆マギカ感想A「変身も、CGも、あるんだよ」

<<   作成日時 : 2013/11/16 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

ユニバ「まどか☆マギカ」の二回目です

純増2.2枚
ベース30G
コイン単価3.2
天井999G
出率は97.9〜116%
ボナ300、ART500ぐらいで合成で200切る感じのありがちなスペックです


版権範囲としてはTV版ベースに
映画版の楽曲をプラスした感じ
ほんの一部新篇からの演出も・・・


演出解説

●通常ステージ

・学校
・ショッピングモール
まどか・さやか・仁美三人で買い物
・マミの部屋
ここで新篇からの引用、風呂上りのマミ演出あり(新規作画)
・ほむらの部屋

●前兆ステージ

・円環の理
前回も書きましたが
まどかの存在そのものが円環の理の筈なのに
何故か場所の名前になってますw
ちなみにこの背景の場所でした↓
画像


・夜の見滝原市



●自力解除ゾーン

・マジカルチャレンジ

バー揃いでボナ確定
回数制で「バーを狙え」のチャンスが三回来るまで終わらない
レア役で回数乗せあり
30G継続した場合もボナ確定

映像はまどかが浮いてるだけの微妙な映像
しかしながらBGMがQB営業のテーマ で
音に持ってかれますw


・キュウべえチャンレンジ
より熱いゾーンだがQBがポツンと画面にいるだけの地味演出・・・


●ボーナス

・ビッグボーナス(50G+α)
ほむら揃いでART

・エピソードボーナス(60G)
ART確定

・プチボーナス(30G)
画面はデフォルメポリゴンキャラの紹介映像
紹介中のキャラが変身すれば期待値UP
最後にルーレットでART抽選、原作関係無し・・・


・裏ボーナス(30G)
ゲーム数毎ゲーム上乗せ
平均250〜300G上乗せ
一番熱いボーナスなのに
画面はグリーフシードが穢れ噴出してるだけの地味映像・・・




細かい演出解説


通常、ART、ほぼ新規アニメ
バトル演出、本編抜粋と新規の混合

全体的な新規アニメのクオリティは悪くない
だた、バトル系演出の新規部分はあきらかに本編以下のクオリティで
アクション作画にまるでキレがなく本編スタッフが関わってないのがまる解りです

あと「ほむら」の使う銃器や委員長戦の逆転演出で特攻させる戦闘機など
兵器のデティールが適当で手抜き感が半端無い
ここも新規と本編部分の差異が如実に出てる

まあ化物語と同じ、下請けまる投げな感じなんですが
細かい部分なんで化物の新規作画が気にならない人は大丈夫かと思います・・・
(似てるが何か違う、本編クオリティには届いてない、あの微妙な感じです)


通常時のスロオリジナル演出として

・さやかは夜店デート(大半は仁美が邪魔して失敗します)
・マミは水着でスイカ割り
・杏子は卓球勝負
・ほむらはQBもぐら叩きゲーム


ARTは擬似BIG経由が殆どでした
BIGは3種からセレクト


チャンス告知
完全告知
後告知

BIG中にも上乗せ有りでゲーム数が延長されます
レア役でほむら図柄が高確率で揃うゾーンへ
(高確中はゲーム数減算ストップ)
ほむら図柄が揃えばART確定


・完全告知
BIG中の楽曲はTVOP「コネクト」、映像もそのまんま

・チャンス告知
楽曲は映画版OP「ルミナス」、
映像は新規で変身後のまどかがビルの谷間を飛び回ってる、
チャンス告知で空に向かって矢を放つ演出あり


・後告知
楽曲は映画版の挿入歌「未来」
ねんどろいど調CGポリゴンキャラが引きで仲間集めて
最後にお菓子の魔女と戦うモード
(歌はともかく、映像的にも異質で浮いており必然性ゼロ)

の三種類

あとED「Magia」が特化ゾーンワルプルギスで流れてました

BGMも結構な量本物が起用されてるので
音による、まどマギらしさ雰囲気は出せてます
この辺の音の力で結構原作無視な作りを忘れてしまいそうになります・・・


(歌は聴いた感じ本物で
年齢問題は、音に関しては各社の解釈の問題だそうで
特に規定は無いそうな、お上に駄目だろコレ?と思わせなければOKって事?
おそらく映像はNGなんでしょうけど)

ART確定のエピソードボーナスが各キャラごとにあり
「まどか」と「ほむら」は
それぞれのキャラに対応した上乗せ特化ゾーンも確定

でARTですが
準備中は制服のまま「まどか」が結界内へ
ART開始で変身(バンクあり)、結界内を5人が別々に走ってる走りARTへ
それと別に「ほむら」は11話ベースのワルプルギスとの対決が上乗せ特化ゾーンなので
そこへの突入前兆で曇天の空を見上げて待ってるカットが時折出てくる


公式見て思いだしたので追記
ステージが
鳥かご
ハコ
薔薇園の3ステージ+ワルプルギス
と書いてありますが

実際、そのステージに対応した魔女の手下が押し順ナビで
出てきてまどかが矢で打ちぬいて倒すだけで
そこから発展しても、ステージに対応した魔女には行かず
下記の発展バトル用演出に飛んでた筈です


発展演出でバトルに突入

原作準拠の組み合わせでバトル
(よってマミはお菓子に負けるとアレです・・・)

敵リスト

お菓子の魔女
銀の魔女
影の魔女
芸術家の魔女
委員長の魔女
人魚の魔女

は通常orART中の発展バトルで登場


ワルプルギスの夜
は上乗せ特化ゾーン


ARTから突入する上乗せ特化ゾーンは2つ

・ワルプルギスの夜(1セット10G)
            継続保証1回

一つは「ほむら」とワルプルギスとの継続率バトルで継続率は50〜80%
勝てば攻撃成功(倒す訳ではない)上乗せ継続、負ければ終了ARTへ
映像ベースは11話、基本の攻撃時はロケットランチャー乱れ撃ち
そこから上乗せ追加演出もあり
攻撃方法&上乗せ演出が三種類から自動で選ばれる
・タンクローリー突撃
・ミサイル攻撃(これがOPP系の連打上乗せだったと思う)
・地雷原大爆破

20連以降の負けで「ほむら」のエピソードボーナス確定

BGMはちゃんと「スルガム・イデンティデム」が流れてたと思います
試打ち時は、15連目ぐらいで「Magia」にBGMチェンジして
鳥肌来ましたね〜熱かった!


・アルティメットバトル(1セット15G)
            継続保証5回

もう一つの上位上乗ゾーン継続率90%
映像ベースは12話の「まどか」のアルティメット化のくだり
内容は地球を包んだ呪いの集合体巨大魔女との継続率バトル
が、原作素材が殆ど無いので単調です・・・
(原作では一撃で葬ってましたが、一応攻撃くらったりの新規パートあり)
追加上乗せ三択も有るが、どれも同じにしか見えない・・・
条件忘れたけど、終了後エンディングボーナス突入

しかしまあ、あそこを長々と戦うバトル演出として起用してしまうセンスは凄いね・・・

フリーズは、まどかが自分の願いをQBに告げるあたりから
エピソード〜アルティメットバトル〜エンディングボーナスの確定パターンだったような気がする・・・


役物解説

基本的な筐体は緑ドンや牙狼の物で
今までと同じく全面液晶をフレームで区切って見せてるだけだと思います

アルティメットまどかをモチーフにした
評判の悪い筐体ですが
機種紹介PVでは、ピンクの筐体は稼動実績がいいと言う
謎の理論を語ってましたねw


液晶右のソウルジェム役物は、視覚的な天井表示で
打ち手によくない事が有ると黒く濁っていく
ハマリ、バケ連発、発展演出失敗等
濁り切ると、エピソードボーナスか裏ボーナス確定
本編設定的に黒くなる事は喜ばしい事では無いのに
喜ぶべきボナ確になるのは違和感を感じる部分だと思いますが
ちゃんと配慮はされてて
そこからのエピソードBIGは、「さやか」が堕ちる部分の8話か9話ベースになってる様で
明るい雰囲気ではない
裏ボーナスもグリーフシードが穢れ吐き出してるだけで暗い

(ただ、確認はしてませんが
前回も書いた様にBIG終了後のARTでは元気に走ってるんでしょうけど・・・
まあ、そこは仕方無いと思います)


左側には、「ほむら」の盾のコアの部分が半分に割った形で付いてます
ART中の上乗せ演出で、リールロック(時間停止)で
役物の中の歯車が回ってリール逆回転(時間逆行)
で本編での「ほむら」の時間逆行時の取り込み映像が流れて
+100Gとか乗ってました
ただ時間戻してる割りには、その後普通にARTに復帰するんですけどねw

台枠にQBがいて目が光ると継続確定だそうです

リール横の液晶スペースに、上からタッチセンサー用のフイルムみたいな物が貼ってあり
強引に後付けでタッチパネルを作り出してます

遊戯中は常にココにデフォルメされた、キャラが表示されており(CGでは無い)
毎ゲーム、タッチすると何か喋ります
ユニメモでキャラ変更も可能

で、今回のユニメモ?は三共とコラボしてて
三共の方のパスワードでも入れる?向こうに入れる?
のか詳しくわかりませんが共有出来るようになってるそうで
パチンコの版権を三共が持ってる?事踏まえてのコラボなのか?とも思ったが

書けませんがパチンコ版は全然別のメーカーでしたね、
安心?いや相当不安なメーカーでした・・・


図柄配置は
白7/アルティメットまどか
赤7/まどか
ほむら図柄/ほむら
バー/タイトルロゴ
ベル/マミの衣装
チェリー(リンゴ)/杏子
リプレイ/さやかのヘソに付いてるソウルジェム
スイカ/スイカ喰ってるQB?
ブランク/グリーフシード


そんなとこですかね
前回の最初の方に書きましたが、演出系の見てくれは悪くないので
サミーの化物語みたいに、キャラ萌えメインのファンには
悪くない出来なんじゃないでしょうか

ただ化物以上に原作の落とし込みって部分で問題抱えており

神化した「まどか」の存在そのものとも言える円環の理を
勝手に場所化してみたり
最終回でしか変身しない「まどか」がARTごとに変身したりと、
「まどか」に関しての扱いの適当さ

必要性をまるで感じないデフォルメCGキャラの演出

時間停止&逆行のほむらの能力が演出に生かせてない
その盾役物の再現度も低いと

上げればきりが無い問題の数々
キャラ萌え重視で、作品としての作り込みの甘さを受け入れられるか?
この作品の世界観なのか?キャラなのか?
どちらに重きを置いてるかで評価も変わってくる台ですね
皆さんはどちらでしょうか?

あとユニバカは、やはりバジ3も結構な台数展示されるそうです
一般が打てるかどうかはわかりませんが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
更新お疲れ様です。
やっとこさ情報解禁で凄い勢いで記事やら何やらが加速してますね。まさかの解禁と合わせて雑誌にも掲載されるとは。

>この作品の世界観なのか?キャラなのか?
>どちらに重きを置いてるかで評価も変わってくる台ですね
私自身は「どちらでも良い」という答えですね。勿論まどかという作品における場合ですけど。
原作好きな面でみると、変身して爆走しまくるまどかには世界観ぶち壊しに戸惑い以上の何ものでもありませんが、スロッターとして客観視してみると主人公が変身して戦う方が真っ当に分かりやすいと思います。
しかし、2ちゃんやツイッターなどを見る限りでは、原作ぶち壊し演出だ!クソ!!みたいな意見が多いですね。
勿論ぶち壊し方にもよると思いますが、罰主さんの記事を読む限りでは原作に愛の無いぶち壊し方という風には見えないので個人的には好印象です。特に毎回仁美に邪魔されるさやかちゃんとか、さやかイジメ大好きな人が作ったんじゃないかってくらいの演出じゃないですか。
ほむほむ過去モードのノリとして見ればキャラ萌え演出もオールオッケーな所はちょっと卑怯ですが。

スペックも至極真っ当なので、AKBが流行ってる現状を見るにオタだけでなく、一定の層にも受け入れられそうな気がします。

いろいろ書きましたが、メガネほむほむじゃないのにスイカ割やらなんやらあったら駄目じゃん!って事に気づきました。
素直にキャラ萌えで打つことにします、ハイ。


パチ版がSANKYO・サミーじゃないってことは一体…
S社との噂を考慮すると、まさか虚淵・ニトロ繋がりであのメーカー?だとしたらかなり…
コルド
2013/11/16 22:36
コルドさんこんにちは^^

当たりましたね〜
まあスロとしてはコレで良かったんでしょうね

ただ開発が語ってましたが、ギリギリのところで
原作を活かしてどうするか?より
スロとしての作りを優先して
融合よりも切り捨てを選ぶ
この開発とは一生噛み合わないんだろうなとw

ちなみパチは京楽ですね・・・
まあ扱いきれないでしょうけどw
罰主
URL
2014/06/06 11:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
まどか☆マギカ感想A「変身も、CGも、あるんだよ」 パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる