パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 全然、マルッ!じゃないな・・・

<<   作成日時 : 2013/12/13 04:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

サミー「輪廻のラグランジェ」

まあ前回軽く前振りしといたんですが
案の定と言うか、予想どうりのとこに着地してましたねw

その件は、後述するとして

まず、こう言う最近の牙狼みたいなメーカー自体が版元に絡んでる版権を
評価するのって難しいんですよね

そもそも、スロありきで作ってる訳で
本編映像も素材も普通に使えるし
本編終了後に空いたスタッフ使って
アニメの新規パートも継続して作って貰ってるんだろうし
(アニメーター確保と言う難題もクリア出来る)
新曲だって、一見凄く思えるが
どうせ二期の主題歌撮った時とかに同時レコーディングしたんだろうし

演出クオリティと作り手の思い入れがイコールじゃないんですよね
最初から、労せずして有る程度の物が出来る環境が整ってる訳で
(そもそもスロありきで始まってる以上、開発が作品を好きかどうかすら怪しいもんですし)

故に、見てくれの演出クオリティは標準以上の物に勝手になるので
どっちかと言うと作品そのものの掘り下げや作り込みを
しっかり見ないと作り手の拘りを評価出来ないんですが
この作品を一から見直すのは正直キツイな〜と

なんで演出構成は置いといて
見てくれの演出評価しかするつもりなかったんで
版元直だし、褒めて終わりかな〜と思ってたんですが

そんな心配いらなかったですね
そもそも液晶クオリティが低いと言うオチがつきましたからw

通常時は、まあ良い感じのクオリティなんですが
(結構微妙なカットもありますが・・・)

問題は戦闘シーンで、一応本編と同じ様に
ウォクスの飛行形態はCG
人型は手描きメインになってるんですが

まあ、その手描きのロボットバトルが酷いのなんのw
AT中はマシなんですが
兎に角通常からの発展バトルが酷いですね〜

ありがちなスロ演出タイマンバトルなんですが

ビーム発射して、敵に当たるかどうか?の緊張の場面が
棒立ちの敵のアップに集中線入れただけの
迫力ゼロの手抜きアニメで
(撃ってる方も、微妙に棒だし・・・)

接近戦でサーベルで敵を切る時も
自分は切りつけるポーズちゃんと描いてるが
敵はまた棒立ちです・・・

基本的にロボット作画に勢いが無く死に絵が多い

手描きアニメなのに、全然手描きの良さが生かされておらず
何年か前の三共のナデシコを思わせる
酷すぎる戦闘シーンを、まさか2014年に見せられるとは思ってませんでしたね
(まあ本編自体もそんなキレキレのロボット作画って訳じゃなかったが
それにしても酷い・・・)


こんなもん、ウォクスのトゥーンレンダリングのCGモデルが有るんだから
酷い新規パートが上がって来た時点でボツにして、
CGモデルで自分達で作り直して、はめ込めばいいだけじゃないの?
敵もCG作って自分達で芝居つければいいだけだろ?
(それか本編取り込みでもいい訳だし)

それをやらずにこんな古臭い手抜きアニメを
一番目に付く戦闘シーンに使ってしまうあたり
作り手の思い入れみたなものに疑問を抱かずにはいられなかったですね
とても本気で作ったようには見えないですよ


で最初の話題に戻りますが
この台、当然スロなんでストーリー的な物は前面に出てない訳ですよ
そうするとですね、残った表面的な見てくれの部分や演出構成が
山佐のゼーガペインと色々似通ってるんですよね・・・
(当然、作品は違いますしデザインも設定もスペックも違うんですが)

見てくれの共通項が多いんですよ

緑の筐体

ロボット三体
主人公の機体=緑
二人目のクール系=青系
三人目=黄色系

ボス系=紫系

敵の雑魚が手が生えた飛行物体

通常ステージ
学園生活、教室&通学路
オペレーター&司令官のいる司令室

高確系ロボットの格納庫ステージ


学園で通常を過ごし
手が生えた飛行物体が襲ってきて
三色のロボットで出撃してタイマン戦闘

この基本の流れが、まんまなんですよ

両作品の原作知らない人に
パラレルワールドの続編ですよと言っても信用されそうな感じですよ

まあラグランジェをそのまま作ったら、こうなるだろうし
結果ゼーガと印象被るだろうなと
そこ踏まえて、どう料理してくるのか興味があったんですが
まあそのまんまでしたね

サミーなのに4thリール含め何か山佐臭い台ですよ
(でもそもそものゼーガはサミーっぽいと、複雑な距離の二人ですねw)

あと全体の印象として
演出量最大とかうたってますが
クオリティもそれほどでもないですし
演出量では負けてても、トータルのクオリティではゼーガの方が上でしたね
版元直でこの出来はちょっとね・・・

ただ、この流れの次作?アルペジオは、
そもそも全部CGだから作画クオリティ問題はクリア出来るんで安心ですな


結局、本編部分と関係無いとこで長文になってしまったな・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
全然、マルッ!じゃないな・・・ パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる