パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS オーラバトラーは虫か?鎧か?@

<<   作成日時 : 2015/03/19 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

サミー「聖戦士ダンバイン」
画像

個人的には有り難いが
よくまあマイナーとは言わないが
こんな古いコンテンツ単品
(ボトムズみたいにバーターなんでしょうけど・・・)
で作る気になったなと・・・

本題です、今回は主に変更された
キャラ&メカデザインについて書いていきます

まず、当時の映像に関しては
稀に画面の隅に小さくカットインする以外は一切使われておらず
(EDは未確認ですが・・・)

基本は新規キャラデザ&メカデザによる
新作アニメ(キャラ)・CG(メカ)で全編作り起こしと
かなり気合の入った作りになっており

まあ素材がとにかく古いですから
新規で作るにあたって今風のアレンジが入るのも仕方無いでしょう
オーラバトラーも生物的な表現を表現するには
CGの方が向いてるでしょうし、
この台の演出アレンジの方向性は間違ってないと思います


そのデザインアレンジも
ビデオ版のジャケット等で描かれてた
出渕アレンジのキャラデザインやメカアレンジを元に
作られており、
画像

ビルバインの顔のパーツバランスやカラーリング
画像


ズワースの角がクワガタ調になってたりのアレンジ
画像

画像

黒騎士のコスチュームアレンジ等
影響が多々見られる
画像


が正確な設定がある訳では無いので
このCG用に全身の設定を起こした物と思われるが
恐らく出渕はノータッチなんだろうなと思わせる
バランスの悪いアレンジが目立っており
正直、あまり上手く行ってるとは思えない仕上がりですね


まず、生物的なのか甲冑的なのかのアレンジの
解釈が元デザインに即した物ではなく
素材イメージと違う方向性になってしまってる

例えば
ダンバインなんかは表面の質感は生物的な表現で
エングレービング表現は控えめ
画像


ビルバインは逆に元が生物感の薄いメカ系デザインなんで
光沢のある甲冑的アレンジでエングレービング多めと
画像


元デザインの印象を活かした物になってるんですが


酷いのがバストールで
画像


元々昆虫感の強い生物的なフォルムで
出渕アレンジでも、その辺が強調されており
甲冑感が全く無いデザインなのに
このパチ版ではプロポーションアレンジ的には
出渕風になってるのに
何故か、その上に多量のエングレービングと光沢を追加して
まさかの甲冑調の処理が施されており
全く元デザインの印象を無視した物になってしまってる・・・
画像

画像


同系統のライネックも同じ感じで
肩周りに、無理やり感漂うエングレービングの追加があり
全体の印象を損なってしまってる

登場オーラバトラーですが
ダンバイン
ビルバイン
ズワース
レプラカーン
ライネック
バストール
ビアレス
ビランビー
ドラムロ

プラス特定条件で登場するボスキャラで

ガラバ
画像

画像

が出て来るんですが
このガラバがまた酷くて
ここまでのオーラバトラーは全て
前述のとうりCG化にあたり、大幅にデザインアレンジを施されてるのに
出渕のアレンジ画が存在しない
このガラバに関しては、何のアレンジも無く
少しディテールUPしただけのノーアレンジ状態で登場・・・

ええ、整合性を欠いた完全な手抜き仕事ですよ

一応、出渕がオレ流全開でデザインした別機体である
グリフィンってのが存在するが、こっちは原型留めてないレベルの別デザインなんで無理としても
画像

昔、ガレキで出てたアレンジ版ガラバぐらいの
生物的なアレンジアプローチはしろと
画像

画像



あとモデリング自体の出来もあまり良いとは言えず
ダンバインやビルバインの顔のバランス取りが変で
非常にカッコ悪い
画像

目から上の額部分の面積が広すぎるんですよね
カッコイイバランス取りは額が狭くてアゴ長め
画像

この絶妙なバランス取りが、モチーフにしておきながら
全く再現されてない

とにかくCGオーラバトラーの部分は
原作設定への理解が浅く、何でもエングレービング付けとけ的な適当さしか感じず
もう少し原作をちゃんと理解してから作って欲しいものです
(この甲冑系表現は同じ出渕ファンタジー系メカであるガリアンの路線だと思うんですよね)



次、キャラクターデザインについて

これもモチーフ的には
ビデオジャケットの出渕の書き下ろしイラストを元にした感じで
タッチもそのジャケットのクリンナップ担当した
元のキャラデザである、湖川さんの弟子筋である
北爪&恩田の恩田尚之調の絵柄でまとめられており
キャラデザ自体は悪くない
ただ、綺麗にまとまり過ぎてて
カットインもムービー時も原作の湖川アオリが炸裂しないのは
少々物足りない・・・
画像

画像

画像

画像

画像

顎の傷も実線ではなく色トレスになっててアッサリ
全体的に、泥臭さが抜けてキャライメージ自体が変わってしまってます・・・

でもまあ、こっちはメカに比べれば全然マシで
いい感じで仕上がってると思います


全体の方向性とデザインモチーフは悪くないんですが
とにかくCGモデルのアレンジの出来とセンスが悪く
そこで、色々と台無しになってるのが非常に勿体無いですね

次は演出面なんですが長いので次回に続きます・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オーラバトラーは虫か?鎧か?@ パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる