パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後のマトモな車田版権なのに・・・

<<   作成日時 : 2016/02/20 03:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

サンスリー「風魔の小次郎」

三洋さん星矢に続いての車田版権ですが
アニメ版が星矢やリンかけみたいに東映版権ではないので
版権取得が上手くいかなかった様で
まさかの原作漫画版権のみと言う誰得状態でのパチ化になってます

で演出ですが

アニメ版の要素が使えないので
星矢と同じ荒木&姫野コンビのキャラデザも
アニメ版小次郎の代名詞とも言える
ナイトホークスの楽曲も起用されておらず

そもそも小次郎版権として中途半端な物しか出来ない
条件がそろってしまってるなか
どう三洋が料理したのか?
が今作の評価ポイントなんですが

まあ、大方の予想どうりやらかしてます・・・


小次郎のアニメで、この曲無しはちょっとね・・・

OVAで13巻構成の為、全体的に端折りすぎですが
聖剣編以降の荒木作画パートが素晴らしいんで良しとしましょう




通常は新規アニメ、大当たり以降はCG処理
新規アニメの作画レベルも低く
アニメ部分に関して見るべきところは有りません
画像

画像


ここは星矢のアニメ作って貰ってる
荒木プロ系のアニメーターに荒木調の新規アニメ頼めなかったのかね?


演出構成ですが

通常時は第一部の夜叉編ベース
大当たりで武蔵とのバトルを経て
ST突入で第二部聖剣戦争編に

まあ、悪くないとは思いますが
せっかく、通常〜大当たり〜連荘と
原作のストーリーをなぞる形になってるのに

通常時夜叉編なのに、カオスとのバトルが入ってきたりと
発展系バトル演出のチョイスが出鱈目で
画像

画像

何より酷いのは
プレミア系でパチオリジナルの
カオス対コスモの神々の戦い演出みたいなのが出てきて
小次郎が巨大な神カオス本体を倒す演出があり
その時点で物語終わってるだろとw
(これはST中限定の演出にしとけと)

しかし、星矢パチの巨大サガと言い
三洋開発は巨大化させるの好きだなw


ちゃんと、通常からは
風魔のメインメンバーと夜叉八将軍との対決をメインにして
通常からのプレミアは
初期の強敵、壬生攻介でいいんじゃないのか

次、ST中の聖剣戦争編ですが

まず原作では聖地=月面で
5対5の面子が直接対峙
神の力で拘束されて、戦いに選ばれた対の戦士だけが動けると言う設定だったのが

この台では、炎が燃え盛る溶岩地帯の
(ってことは地球だよね?)
画像

どこかにいるカオスの戦士を探して、
小次郎達が延々走り回るという
ちょっと12宮編要素を取り入れた様な展開に変更されており

「月面で木刀持った忍者が地球の命運を賭けて超能力者とタイマン勝負」
と言う、荒唐無稽な車田漫画の中でも
ある意味”極み”とも言えるトンデモ展開が失われており

残念と言うか、分かってないなと・・・


そもそも、この作品
車田版の風太郎忍法帖なんだから
ちゃんと

夜叉編
風魔9人対夜叉8人(+壬生で9人)

聖剣戦争編
カオス5人対コスモ5人

という対決図式を活かした構成で作らないなら
小次郎版権使ってる意味無いだろ?
開発は何がしたかったんだ?
目指すは車田版バジリスクだと思うんですが?


で、適当演出はまだまだ続きます

この台新規のアニメパートと
CGパートの連携と言うか設定の共有が出来てなくて
色々、チグハグな部分が目立ちます

今作では敵の白凰学院の制服が白で統一されてる設定で
アニメパートの武蔵の学ランも白なんですが
CGになると原作同様の黒い学ランに突如変更
どっちなんだよ?
画像

画像

(原作設定では全員白ランのカオスがアニメ版同様の
キャラごとの色付き学ランになってて
普通の黒い学ランだった夜叉一族が全員白ランと言う
この辺の改変も意味不明です・・・)

10本の聖剣も図柄等のアニメパートでは原作同様のデザインなのに
CGになると、より剣の能力を意識したデザインに変更されており
これも変えるなら変えるで統一しないと駄目だろ?

あと武蔵の必殺技「飛龍覇皇剣」が
本来、牙突の様な突き技なのに
CGパートではオーラ纏ってさらに伸びた長剣を”振り下ろす”断空光牙剣仕様に変更
ちゃんと漫画読んだか?

とまあ、いろいろと演出は適当です


そんな中、一つだけ評価?したいのは
原作漫画版権で有ることを逆手にとった
ST中の逆転演出で
バトル等に負けると漫画調の画面を
作者の手が出てきてページとして破り捨てて
勝利演出のページに書き換える
と言う漫画版ならではの演出は上手いなと


次、音関係ですが

声優は全員変更

まあ、名優揃いのアニメ版の足元にも及んでませんが
そんな中でもラスボスである
華悪崇皇帝の声優が酷い事になってます
ボスの威厳なんかまるでない
小物臭漂う安いオッサン声でキャライメージにまるで合ってません

アニメ版の鈴置洋孝さんに敵う訳はありませんが
ボスキャラなんだから
もう少し、ちゃんとキャステングしろよと

あとナレーションで永井一郎さんが出演されており
感慨深い物がありましたが
一体、何時から作ってたんだ?


楽曲も新曲なんですが
また、お馴染み車田癒着アーティスト
「Marina del ray」が御大作詞の新曲二曲を担当
画像

画像

車田先生の作詞が
ただ本編のストーリーを説明してるだけの、
昭和特撮ソングみたいで色々キツイです・・・

リンかけ意識のSD女キャラソングも
画像


新曲でもいいが
とりあえずナイトホークスの青木秀一に歌わせろと





まとめです
新規アニメ、CG、演出全てが低レベルで
とにかく酷い出来です
さらに小次郎に「ブブブブ!ブィ!」とか叫ばしたり
今時「出てこいや!」言わしたりと
センスも最悪で、全体的にダサい!これにつきます
星矢の最初のパチにあったような
あふれる原作への愛情みたいなものは微塵も感じませんでしたね・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最後のマトモな車田版権なのに・・・ パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる