アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事 zoom RSS

トップへ


16万8千光年、楽な旅ですね〜

2017/02/20 22:01
放置してたら導入日になってしまいましたが

サミー「宇宙戦艦ヤマト2199」

まあ最近の駄目サミーの象徴のような台です

まず通常〜戦闘シーン等
新規作画が結構あり、キャラデザの結城さんは参加してないっぽいですが
それなりに作画クオリティを維持しており
ジーベック頑張ったんじゃないでしょうか
画像

画像

画像

楽曲もOPは当たり前として
戦闘シーン系でかかる、お馴染みのBGMを数曲起用しており
ヤマト感は演出出来てます


と褒める部分はコレだけです・・・


本題の演出部分について

まず、ヤマトは放射能に汚染された地球を救う為
その放射能を除去する装置を16万8千光年離れた
イスカンダルに一年以内に取りに行って戻ってくると言う物

この膨大な距離を基本はワープ航法で短縮させて行くわけだが
当たり前だが、一回のワープ距離には限界があり
連続使用も出来ない制約を設けることで
この作品のストーリーは成立してるのだが・・・

え〜このスロ
通常からの、チャンスゾーンであるワープゾーンで
(引きにもよるが)
一気にイスカンダルまで到着してしまいますwww
画像

そうARTにも突入してない段階で、いきなりイスカンダルですよw
もうねアホかと

まあ基本はチャンスゾーンなんで、ワープ失敗でART突入出来ないか
途中で”敵と遭遇”して止められるんですが
辿り着けば、上乗せ特化ゾーンのイスカンダルラッシュに入ると

敵とのバトルは5〜6G使ってのバトルで
正直、七色星団の激闘も反射衛生砲との激闘も何も再現されておらず
物足りないんですが、こんなのは序の口なんで
良しとしておきましょう
画像

画像


次、そこからARTに突入すると
前半はOPの後、一話のストーリー紹介が始まります
ARTが進めばストーリーも進むと、まあ筋は通ってる様に見えますが
画像

画像

状況によっては、さっきイスカンダルに到着してたのに
また、イスカンダルに出発だ!ってオカシイだろ!

で前半終わると、通常ART画面に
新規CG映像でガミラス艦隊と戦ってる映像が垂れ流しになります
ここは、本編素材使ってのCGなんでクオリティも安定してます

で発展するとボスバトルに
面子はシュルツ・ゲール・ゼーリック・フラーケン・ドメル・デスラー
まあ、そうなんでしょう、敵セレクトとしてはそうなるんでしょうけど
(ゼーリックだけは若本にブルワァ!言わせたいだけの気がしますが・・・)
画像


ここも下手すれば、出発直後にデスラー登場って状態になるんですよねw
で、このバトルがテンポ優先なのか
基本2Gで決着!デスラーだろうが最強の敵ドメルだろうが
瞬殺ですよ・・・
(前回のエヴァの無意味な引き伸ばしも酷いが
原作の燃える部分、意味のある要素全部排除して2G決着ってのは酷過ぎです)

デスラー艦いきなり登場!
ガミラス本星どうなってるんでしょうかw
画像

画像

画像


折角、本編素材使っても
こんな古臭いカット割りでは台無しです
画像


さらに元々ヤマトVのキャラで
原作では、ヤマトに勝ってる強敵フラーケンがですよ

(次元潜水艦みたいなのに乗ってて、
別次元に潜水することで敵に発見、攻撃を喰らわない結構チートな戦法を使う)

バトル開始でいきなり、浮上!
自機の優位性を捨て真っ向勝負で潜水艦でヤマトと撃ち合いますw
もう原作の世界観なんかまるっきり無視ですw

で勝てばキャラに応じてG数が貰えるんですが

次セットは二話の紹介から始まりますw
ゴットイーターと似た状況で
話上はシュルツと戦ってて、ARTに入るとドメルと戦う
反射衛生砲戦のストーリーで煽っといて
ARTに入るとシュルツが普通に戦艦で出てきて瞬殺
画像


滅茶苦茶な演出構成になってしまってます

一年で16万8千光年を往復と言う
原作のメインとなる世界観設定
「リミットまであと何日」と毎回危機感を演出してた
本編の設定も全くゲーム性に活かされてないし
素材を殺しまくってます


あと音楽も、折角本編BGM起用して
発展演出系は盛り上げてるんですが
ART入るとサミー製オリジナルBGM垂れ流し・・・
折角権利取ったんだから、ちゃんと本物使えよと


もうとにかく見るに耐えない酷い台で
いきなりイスカンダルに着く
ストーリー性持たしてるのにバトルと整合性取れてない
ただ、自社のスロにヤマト乗っけただけ
よくまあ、こんな出鱈目な物作れたなと
山佐の一作目の方が演出構成とかは全然上でしたね

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


手抜きと誤魔化しだけの台・・・

2017/02/18 22:15
ビスティ「ヱヴァンゲリヲン・勝利への願い」

ネタも無いんでバトルメインに切り替えるのは
パチンコと同じパターンですが

如何せんまたしても玉集めってのはね・・・

集めた玉で攻撃抽選して相手のHP削っていくまではいいとして
1玉使って、いちいちリール図柄で戦闘メンバー決定して攻撃
次はまたメンバー抽選〜攻撃と
毎度抽選作業が挟まれるのでテンポが悪いし
何より、玉集めの継続抽選が単なる尺稼ぎの作業なのが
如実に見えてしまっててゲンナリします・・・

以前は、ゲーム消化中はダイレクトなゲーム上乗せで期待値と間を持たせ
最後の2〜3Gのバトルで継続抽選ってのが
よくあるパターンだったのが
(色々、難しくなったのはわかるが)
ゲーム数を玉で誤魔化し
最後3Gで済んでたものをダラダラ引き延ばしてるみせてるだけ
新基準なりの、何かを作り出すのではなく
単に良かった時代の代用品と誤魔化しの足し算演出でしかなく
版権的に新味が無いのも相まって
只々面倒臭いだけの演出でしたね

あと今回のメインビジュアルにもなってる
エヴァ三機のF型装備ですが
初の三機揃い踏みで、バトル物だけにガンガン戦うのかと思いきや
特化ゾーンで、敵ではな”く画面に向かって”
三機で順番に攻撃するだけ・・・
バトルに出すと敵と絡んだ新規のバンク映像色々作り起こさないといけないんで
手抜いたんでしょうね〜

とりあえず、
もう版権力も地に落ちてるし
たいして売れないし
やることないなら作るの止めた方が良くないですか?


記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


毎度の水増し営業です・・・

2017/02/10 01:12
前回のまどマギの出率水増し営業に続いて
今回のポセイドンでもボナ入れて2.7だの3.0枚近く出るからヤバいとか
一部吹聴してるようなので(今回、ウチは言われてませんが・・・)

実機打って検証してみた

設定6で試打
画像

直当たりで
50G
111G
50G
111G
50Gの
合計5セット+ボナ一回の合計がコレ

画像



二回目
ボナから突入
108枚すたーとで
50G
111G
50G
50G
50G
50G
合計6セット+ボナ一回の合計がコレ
画像





単純にゲーム数で割れば
2.3枚ぐらいありますが
(それでも2.7枚にすら届いてませんがw)
実際はボナの消化の17ゲーム
MB消化の2ゲーム中カウントは停止しており
ゲーム数に入ってません
なんで実際は
MB回数×2Gプラスボナ17Gがノーカウントってことになります

一回目はMB数えてなかったんで
50Gワンセット中に2回MBがきたとして
28G+17Gで2.1枚

二回目基準で50G三回MBとしたら
42G+17で2.0枚

二回目は確認するとMB21回なので
42G+17Gで
ゲーム数で割ると1.96枚・・・

基本2.1枚にも満たない事になります
さらにART単体ではMBあろうが
普通に2.0枚を下回ってる始末・・・

多少の下ムラ、上ムラはあるとしても
運よくボナ連で偏って2.2〜3枚がいいとこでしょうね
(確率隠してるんで分かりませんが
そんなガンガン連荘する様なボナ確とは思えませんし)
爆発力は実際どうなのかは分かりませんが
純増だけで言えば普通のART機ですね・・・
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


ニール・セダカに愛を込めて

2017/02/09 01:20
Zスロ、色々言いたいことはある
(まんま月下雷鳴だとか・・・)

それでも、最近色々問題になってて
事前の不安材料の筆頭だった
版権&歌問題が
ちゃんとTV版だった事だけは評価したい

ガクトではなく
鮎川麻弥と森口博子で
「Ζ・刻を越えて」
「水の星へ愛をこめて」
「星空のBelieve」
あと「銀色ドレス」が入ってて
精神崩壊END

これだけで
(本来当たり前なんだが)
ずいぶん良く出来てるように感じてしまった・・・
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


鉄屑の城!

2017/02/08 07:08
ニューギン「マジンガーZ」

今まで、幾多の糞版権機を見てきましたが
その中でも、トップランクに入ってくる超絶糞台です

よくまあ2017年にもなってこんなセンスの欠片も無い台作れるな?と

まず、演出から
キャラクターデザインは、原作漫画版のオールドテイストを
生かしての現代風アレンジのつもりなんでしょうけど
画像

画像

なんだか出来損ないのコロコロ漫画みたいになってしまってます・・・


敵も色々、そのまんまで作画が糞なんで見れたもんじゃありません

幹部メンツもあしゅら、ブロッケン、ゴーゴンまではお馴染みですが
マイナー幹部ピグマン子爵はカット
(まあ倫理観的に問題はあるが・・・)
画像


代わりに、今風にありがちな
女幹部に変更
その名も
ダイナソフィア子爵
画像


なんと人間体になり甲児と同じ高校に転校
色気で誘惑したり
さやかとビーチフラッグ対決したり
ありがちなエロ系演出を担当
ホントに全てがありがちで眩暈がします・・・
画像

画像

画像

画像


ちなみにナレーターは
ありがちに千葉繁です


次、メカ系です
キャラはオールドテイストなのに
メカはテカテカのリアルCGで、
さらに、デザインは”そのまま”で
リアルロボ風に関節部分のフレーム露出や
余計なディテールラインを追加・・・
画像

画像



現実の兵器としてのマジンガーを追及したつもりなんでしょうが
シンプルイズベスト、ロボットアニメのエポックたるデザインそのままに
余計な物加えるのは蛇足でしかなく

やるなら、こんな感じで元デザイン生かしつつの大幅なアレンジだろ?
画像


ボスボロットのデザインそのままで
マーキングいれてリアルメカ風にしたりとか阿保かと・・・

で敵の機械獣も一部ディテールUPしてるんですが
ナビになると、そのまんまでCG化w
画像

やるなら全部アレンジしろよ・・・
手抜きにも程がある

あとマジンガーの設定も
「神にも悪魔にもなれる」と言うマジンガーそのものの力の強大さをしめす設定を
内部に秘めた「魔神ディヴァイス」の力で
画像


ゼウスマジンガー
(Zマジンガーとは関係無し)
画像


デストロイマジンガーに進化する
画像

マジンガーそのものを卑下したような捏造設定を追加
ダイナミックプロ監修らしいが
よくこんな糞みたいな設定許可したなと・・・

さらに、最終決戦ゾーンでは
Drヘル差し置いて、暗黒大将軍と対決
画像

最終回のミケーネとの対決をベースにしてるんだろうが
あくまでマジンガーの最終の敵はドクターヘルじゃないのか?
その上での新たなる敵ミケーネ帝国だろ?
さらにグレートマジンガーの登場は無しっぽい
別版権になるから?
勝手なマジンガー出すのはOKで
原作どうりのグレートはNG
もう意味わからんw

ロボットアニメ史上に名をのこす最終回まで
平気で蹂躙、この開発に原作愛は無いのか?

ちなみにARTは最後の継続バトルまで
ひたすらマジンガーが飛んでるだけの手抜き映像垂れ流し
特化ゾーンでゲーム数を大量に乗せるのがで勝ちパターンなのに
そうなると、なおさらひたすら単調になると言う
本末転倒な演出構成が、糞さに拍車をかけます


次、楽曲
OP「マジンガーZ」の新録
はいいとして、原作からは一曲のみで
あとは新曲?を二曲搭載
画像

画像


「ぼくらのマジンガーZ」
「Zのテーマ」
「空飛ぶマジンガーZ」等の代表的は曲は起用されておらず
物足りなさしかなく
新曲入れる前にやる事あるんじゃないのか?と

まあ、とにかく
思い入れも何もない開発が、古臭い版権だから適当に
自分流にカッコよく作ってみました的な
ファンのどこに向けたかも分からない
開発のオナニー臭しかしない台で
原作へのリスペクトなんか、まったく感じさせない出来でした

こんな勝手な事やるなら
衝撃Z編の版権取れよと

もしくは新規でやるなら幻の企画
「大魔神我」
を映像化して一部のファンを唸らせてみろと
画像

大張さん曰く本当の大魔神我のデザインは
世に出てないそうで、何かの機会に発表したいとおっしゃってたんで
こんなスロ用の無駄なデザイン起こして新規映像作る金有るなら
その機会を作れよ!
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2017年2月のブログ記事

トップへ

パチンコ・スロット原作愛について語るブログ 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる