パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 肝心の裁判が・・・

<<   作成日時 : 2017/05/19 06:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

エンターライズ「逆転裁判」
画像


普通によく出来てましたね
通常時は・・・

周期抽選の40Gを上手く活かして
40G中に小役の引きでポイントを貯め
証拠品を集め、最後に取調室の容疑者のサイコロックを
証拠品で解除して、当選確率を上げ
解除成功で裁判=CZへ
画像

原作とはサイコロックの扱いが違うが
まあ上手く操作パートとサイコロックを素材として取り込んでるんじゃないかと

で当たるとCZでここで証人の証言の矛盾を付ければ
(まあ抽選なんだが)
裁判本編=ARTへ
画像

画像

画像


確定時に役物の裁判長の木槌が出てくるんだが
裁判中に流れ関係無く唐突に出てくるのですが
基本判決時に叩くものじゃないのか?
証言中にチャンスだからと叩くものじゃないと思うんだがw
ただのゴルディオンハンマーになってしまってます

ART突入で
最初に事件概要が説明され
証人が証言、そこから本編の尋問パートに突入

ここまでの流れ、演出構成は悪くない
が、何だかここからがイマイチなんですよね・・・

いよいよメインとも言える検事とのバトルなんだが
お互いの発言で攻撃
相手のHP減らして、ゼロに出来れば勝利
次の段階に話が進む
と流れは良いんだが


如何せん
単に事件に関係ある言葉と言う
単発攻撃を延々やってるだけで
言葉の応酬による連続した討論や
ART消化中のストーリーの進展、トリックの解明などはなく
あまりに単調で面白みに欠けます
画像

画像

画像

通常時は何だったのか?と言いたくなる
ペラペラのART内容で、正直面白く無い
ここ、もう少し捻って欲しかったですね


声優は基本ゲーム準拠なのでTV版の違和感は無い

楽曲もしっかり使うべきとこで、お馴染みのBGMが使われてて
音による逆転裁判感はしっかり演出出来てます

シナリオは全9話で
1のDS版5話と2の4話
残念ながら3の部分は無し
世界観的には1と2のシナリオが平行して出てくるので
最初から、狩魔冥が登場してます

ただ9話あっても
通常から出てくる事件は

「逆転のトノサマン」
「逆転サーカス」
「蘇る逆転」

の三話しかなく
さらに「蘇る逆転」は熱めの扱いなので
出現頻度は低く
基本二話だけで通常が構成されており
単調さは否めない
残りの事件はARTの連荘で出てくる
(EDもちゃんと1と2の二種類ある)

版権範囲がアニメと同じなんで
ここは、なんとか3まで収録して
声付きでの初映像化となる3も含めて
1〜3第一期の集大成的な作品に仕上げて欲しかったところ

あとパチンコ版で好評だったアニメ映像は一切
新規含めて起用されておらず
あくまでゲーム準拠のポリゴンモデルでの表現になってます


まあ、全体でみれば
原作のゲームの素材を
上手くスロに落とし込んで融合させており
完成度自体は高いと思います
しかしながら、肝心の裁判シーンが単調なのと
意味不明な役物
中途半端な版権範囲が原作を活かしきってるとは言えないのが残念・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
肝心の裁判が・・・ パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる