「リングにかけろ」帰って来た力石徹・・・

「リングにかけろ」を打ってきた

演出は、中々のクオリティでした
ただ元のア二メのクオリティが酷いので
原作アニメに忠実だが、まわりと比べると
絵が汚いと言う不思議な仕上がりになってましたw
(まあアニメ版と同じスタッフが作ってるんだろうから当たり前なんだが)


演出面で気になった部分を書いてみる

前作ではRT中、プレイヤーは竜児一人で
敵が複数いる状態で画面に変化を付けてましたが

今回のART中は、なんと逆になってます
味方側がストック表示の役目も兼ねて
全日本Jr5人なのに対して
敵はアポロン一人だけ・・・

ARTが続く限り、延々ず~っとアポロンと闘い続ける
黒歴史「あしたのジョー」の力石方式を採用
流石に分身はしませんが・・・
(分身は無いが、押順画面もソックリで萎えます)


いやいや、そこはギリシアチーム5人出せばいいだろ?
組み合わせを変えると、アニメパターンが増えるから
原作どうりの組み合わせに限定して決勝戦を再現しろと

あと確認してませんが、
ジョーの力石死亡エンディングみたいにARTが何連かすると
原作どうり全日本Jr死亡エンディングは流れるんでしょうか?

ちなみにフリーズでギリシアとの決勝戦前のあのシーンが・・・
菊姉ちゃんが持ってきた
日米決戦時の誓いの旗の前で
5人それぞれ最後の別れの挨拶をする名シーンを再現
ここは痺れたね~


で、今回唯一の新キャラである
アポロンですが声優に問題有り・・・

アポロン(三木真一郎)

ハッキリ言って完全なミスキャスト
アポロンのイメージって
こんな二枚目系のペラペラな声じゃないんだがな~
もっと渋みのある声の方があってるだろ?
ここはホント残念・・・

ただ必殺技の「ゴッド・ディメンション」の演出はカッコ良かった!


それと前回書いた、ヘルガの必殺技問題ですが
なんと勝手に、口癖の「フォルコメンハイト(完璧)」と
言う名のスーパーブローを習得してました

見た感じ全然IQ300の分析能力は発揮されてませんでしたね・・・

画像

画像

画像

画像

上乗せしても画面に「闘志」と出るだけで
数字が表示されないのはマイナス要素かな~
最終的にわかるだけです

上乗せ時に鬼武者の様な「ヤッタった!感」がありません

画像

画像

画像

画像

画像

画像

なんと枠までジョーと同じくレインボー仕様w



さていよいよ次作はギリシア十二神編か~

世界連合JrVSギリシア十二神の9対10の
多人数バトルをどう表現するのか?
(何で十二神なのに十人なのか?本編を読みましょうw)
頑張って再現して欲しいね


今回は剣崎が最強キャラ扱いになってるが
十二神編なら影道総帥も相当な無敵キャラだったので
どんな扱いになるかも興味が尽きない

(相手を金縛りにするパンチだったり、
パンチを受けてから数時間後に効き目があらわれたり
北斗神拳の様な滅茶苦茶なパンチを使って十二神を二人も倒してる)


あと不遇キャラ「カサンドラ」に
スーパーブロー打たせてあげて欲しいねw




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック