モンキー引き合いに出すとロクな事が・・・

山佐「キュロゴスⅡ」

パッと見ディフォルメキャラの2Dアニメが良い雰囲気出してるんですが
実際打ってみるとアニメの演出パターンは少ないし、
ART中は急にリアル頭身になってアニメのクオリティが全然それについて来れて無くて
作画も構図もボロボロだったりと
(書きこなせないなら全編ディフォルメキャラで良いと思うんだが?
なにより脈絡も無くコロコロ頭身変わるので統一感無さ過ぎですよ)
色々ボロが出てきて散々な仕上がりになってましたね

同じディフォルメキャラ主体のアニメ演出って意味で比較するなら
クレアの完成度には遠く及びません

パンフ見てるとキャラデザ自体は独特の癖が有る物の悪くないんですよ
画像

結局アニメ化するにあたって、失敗しちゃってるんですよね・・・

手抜かれたか、まともなアニメーター確保出来なかったか、予算ケチったか
まあ最近の2Dアニメ演出の抱える問題がダイレクトに出ちゃってますねw

ただ古臭いストレートなCG描写をいまだ最新技術かのように使い続ける
時代錯誤なこの業界の流れの中
横着せずキャラ表現の豊かなアニメ演出を選択した姿勢は評価したいですね


あと気になったのは、見た目最近の新筺体ですが
枠の色といい上部の役物といい鉄拳そのまんまの使いまわしじゃないのかと?

さらに液晶はここまでの機種と違い
明らかに解像度が劣っており画面がボケボケです
最初は動画のレートが低いのかのと思ったが
よく見るとまわりの液晶上のフレームや役物もボケてるので
根本的に液晶自体が劣化してるようです

憶測ですが、これモンキー旧筺体で作ってたのを
安上がりな旧筺体の劣化液晶&基板ごと新筺体にくっつけただけじゃないのか?


それとRPG風なのはいいとしてパーティ構成が
主人公とメガネッコにバービーみたいな巨漢のババアの三人ってどうなのよw
画像

ババアいるか?勇者ヨシヒコのパーティより頼り無いぞw

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック