あえて古臭く?

三共「宇宙戦艦ヤマト」

この台、いい意味で開き直ってて
個人的にはコンセプトは良いんじゃないかと思えました

この古臭い版権を今風にしようとしても
同様のコンセプトで作られた
ヤマト2199と言う作品があるだけに
何やっても見劣りしかしない訳で

ならばと、古臭い版権を意図的に古臭く作る
と言うコンセプトに行き着いた様で

古臭い絵のタッチに
時代錯誤な、二段影と何とも80年代な仕上がりになってます
画像

厳密には原作は70年代なんで
目指す所は別なんですが、2199を踏まえて
あえて古さを追求した姿勢は評価したいなと

あとメカ系のCGもセルルックCGでアニメ調にしてあるとこらへんも
同様のコンセプト故なんでしょう
画像

画像

まあでも、当時流行りの尖がった暴走作画でもなく、
ただ古臭いだけの80年代調な絵は
今の目で見て正直一般層には厳しいビジュアルですよ・・・



三共「修羅の刻」

本編ではなく、いきなり外伝と言う
唐突感漂う作品チョイスは
(まあアニメ化された絡みなんだろうとは思うが)
本編あっての、エピソード毎の主人公交代だと思うんで
ちょっと版権素材的に無理がある気が・・・

基本は、幕末編で敵は新撰組
画像

ATに突入すると、ランクUPで主人公変更&敵変更と言う
かなり強引な力技で原作の各シリーズを取り込んでます
画像

画像

(ちなみに本編との繋がりが深い&主人公が死ぬ西部編は起用されてない感じでした)

声優もアニメ化されてる部分は、アニメ準拠に聞こえました

が、まあアニメ部分の紙芝居感が酷く
かなりショボイです、CGバトルもあまり原作の雰囲気を再現してるとは言い難く
版権機としての出来は酷い物でしたね


で、今後のスロですがマクロスにシンフォギアが控えてるそうです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

コルド
2015年04月06日 19:39
更新お疲れ様です。

修羅の刻はなんとも微妙な感じにだったようで。
ファフナーは新規でCGモデル作り直したり作画描き下ろしだったりで結構版権的に大事にされていた感じでしたが…多分パチ版が出たら流用するつもりなんでしょうけど。

シンフォギアは特にソフト周りが売れてるわけでもないのに三期までやるところから、やっぱり最初からそういうの込みで作ってるんだろうなぁと思ったらやはりそうでしたか。ただ、今の(というか昔から)SANKYOにはあまり期待できないので、音量周りだけしっかりしてくれればいいかなぁなんて思ったり。

この記事へのトラックバック