開発全員湯あたりしやがれ!!

七匠「グレンラガン極」

このご時世に
よくまあ、こんな時代錯誤な台
恥ずかしげも無く出せるなと
5.9号機の版権との相性の悪さを考慮せず
ただありがちなボナスタートRT機のフォーマットに嵌め込んだだけの糞台です
あのクソ熱い原作の良さはほとんど生かされてません

5.9号機おなじみのボナからしか
RTやARTに突入しないタイプの台は結局
通常時からの連続演出が(裏にあるのがボナなんで)
数ゲームしか作れないし、引き込みでほぼバレだしで
演出が死んでるんですよね

基本的に、このスペックでは
ストーリーラインを生かしての通常~当たり~ARTの流れが作れないのに
何も考えず、普通に(一番相性の悪い)バトル演出~ボナと言う
一昔前の演出を起用してるので、
通常時のガンメンとのバトルは緊張感ゼロです

ボナ入るとショコタンではない空色デイズ
(最近ニューギンと蜜月だったんで期待したが・・・)
そして残り10Gでこの台のキモであるジャックインモードに突入するんですが
ここで映像がEDに切り替わるんですが
歌は流れず、勝手なBGM垂れ流し
RT突入で四天王とのバトル、相手決めてRTスタート
テカテカCGに勝手なBGMで熱いグレン感はゼロです・・・

REGでもEDじゃなく勝手な楽曲流れてた気がする
収録楽曲10曲ぐらいあった筈なんで
曲は有るんですよ
なのにED映像なのに曲流さない
RT中の曲セレクトも無かった筈だし
音に対しての拘りが全く感じられない
なんで権利取ってるのに
BGMとして使わないのか?
この出し惜しみ感も一昔前なんだよな・・・

褒めるとすれば通常~RTと
基本はシモンの少年時代編で統一されてる事で
突然後半青年編の演出が発生したりは無い模様
青年編も演出自体は有るみたいなんで
RTで連荘すれば話進むのかな?

なんにしても
また大好きな版権が一つ糞まみれにされてしまいましたね・・・


エンタ「大神」

これは、グレンの真逆の台
上記の5.9ボナスタート台の欠点を理解した上で
中途半端な通常演出は意味無いと
バッサリ切り捨て液晶上は図柄回ってるだけのパチンコ仕様
ボナスタートでストーリー解説
ARTスタート~雑魚ナビで倒しながらボス戦~連荘で話が進んでいく構成
これが正しいとは言わないが
少なくとも作ってる台で、版権生かして何が出来て何が出来ないのかを
ちゃんと理解して作ってる姿勢はグレンより好印象でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック