アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
パチンコ・スロット原作愛について語るブログ
ブログ紹介
パチンコ・スロット関連で最近多い70年代80年代の

アニメ関連物のスペック紹介ではなく

声優や原作のことについて書いていければと思います
zoom RSS

ニクスは世界を解剖しないだろ?

2018/07/16 19:11
エンターライズ「ストリートファイターX」

格闘ゲームベースなので
ART中にバトルするんですが
HPゲージが小役では減らず
(即ち通常攻撃では相手のHPが減らない)
必殺技ゲージが溜まり
MAXで必殺技発射!これで初めて相手のHPが減り
ゼロにしたら勝利と言う
液晶の見た目とは裏腹に全然格闘ゲーム感の無い
溜め撃ち発射してるだけのRタイプみたいな
システムは、版元なのにこんなんで良いのか?
と言いたくなる雑な作りで
大神がいい感じだったので期待してましたが残念・・・


ユニバ「ハイスクールフリート」

演出フロー自体は違うが
個々の演出(特に戦闘シーンが)舞台を海にした
ユニバ版ガルパンにしか見えません・・・

まあTrySailの歌が戦闘シーンに流れるとかっこ良いんで
良しとしましょう


平和「ルパン三世・世界解剖」

フジコに続いての青ジャケパート4版権
5.9で挑戦したシステムは評価したいが
コンテンツ的には、スペックの歪さ故に
上手く版権が融合できてるとは言い難く

演出そのものでも
メインのAT中は延々敵とタイマンバトルなんですが
世界解剖と言いながら
敵は前半のメインである「ニクス」で
タイトルの世界解剖を実践しようとする
ラスボス「レオナルド・ダ・ヴィンチ」では無いあたりの
タイトル詐欺も含めての
スペックありきで、急いで作った未完成品感が半端無い



三洋「聖闘士星矢4」

原作ではパッとしないポセイドン編だったが
スロのヒットで業界的にはアリなパートになったのか
ヒット受けての今作は、
前作のパチの時と違いやたら気合入っており
クオリティ高めの荒木調新規アニメが
大量に作り起こされてて
見た目はかなり好印象です

しかし、やはりと言うか
戦闘シーンはバンク前提のリアルCGで
ここの手抜きは譲らないんだとw

ただ今回、CGならでは?の新規要素として
敵を倒した時に、CGの自由なカメラワークを活かして
車田漫画の様式美、必殺技発動時の”車田落ち”を
空中にふっ飛ばされて地面に叩きつけられるまでを
敵目線?ちょっと引いた感じのカメラで追っていく
さながらVR車田落ち演出とも言える
アホな視点は個人的には笑えましたw

ソルジャードリームは新規映像で搭載!
髪の毛のローリング具合も良好でかっこ良いです!

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる