パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS バカがスロットでやってくる

<<   作成日時 : 2015/04/21 07:45   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

KPE「ガン×ソード」

最近、好調なKPE今回も頑張ってます
版権物としての出来だけで言えば
中々の仕上がりなんじゃないでしょうか

まあ、よく見ると色々北斗まんまなんですが・・・

まず演出フォーマットは、
通常・AT中含め完全に北斗で、
それに星矢の継続率UPの勝ち抜きバトル加えた感じです

演出の完成度で言えば、
通常時の演出は良いが、ロボバトルになると途端にクオリティダウンする感じが
スタドラを思い出させます


細かく書いていきます

まず通常時はオリジナル7以外のエピソードをベースにして展開
AT突入以降にオリジナル7&カギ爪の男と
エピソードを消化しながら勝ち抜いていく構成になってます
画像


個別のステージごとに
それぞれ演出があり
バトルになると、そのステージの元になる話で戦った敵とのバトルに突入する
まあ、まんま北斗構成ですが
小役示唆の細かい演出
発展演出で、本編エピソードも何段階かでちゃんと見せてたり
かなり細かい作り込みがいい感じでした
画像

画像

画像

画像


で、前兆ステージで
原作で宿敵であるカギ爪の男と再会した
13話の舞台であるゾネットが登場
まあラオウステージですよw


上記5ステージ以外のエピソードも
細々と取り込んでます

グローリアの街のエルドラ絡みは
チャンスゾーンのエルドラチャンスで
本編映像使って再現

クラット&バニーは単発演出で登場
確定パターンで〜結婚式の本編再現がありました
画像

画像


エル&アール・ドライバー
ハエッタ
プリシラ加入EP
ドラッヘの中国?EP
あたりは見かけなかったんでカットかね?

ラビアンローズ以外の4ステージは全て
演出映えするネタキャラなんで
この辺のチョイスのセンスも良い感じなんじゃないでしょうか


あと時系列的な物は無視してスロとしての演出構成を重視してあり
最初からエルドラチームやプリシラが仲間になってます

新規で本編ではいないプリシラがゾネットに登場
画像

余談ですがラッキー軍団のマークである
赤スリーセブンは、確定演出的な誤解を与えるからでしょう
変更されてました
画像


本放送時にエロシーンの自粛の為に使われたロバカットインを
ちゃんとサブ液晶使って”ネタ”として再現
画像


本編で隠されてた部分が普通に出てる演出もあるし
画像

(本編で揺れてなかったと思ったが
新規?スロでは普通に揺れてましたね〜)


本編以上に乳ゆれとかしてるんで
画像

画像

画像

別に隠す必要は無いんだが、あえてネタとして取り込んでる様で
この辺の分かってる作りは素晴らしいですね

画像

しかし裸には厳しい様ですw


あと新規作画が通常時に結構ありますが
画像

画像

キムタカはノータッチな感じですが
クオリティ自体は悪くないです

ミズーギィ王国の対決演出も
本編どうりの展開は逆転演出の時で
通常は、新規作画で普通にウェンディが勝ちます
画像

画像


スロの小役示唆演出で水色だの緑だの
変な色の食べ物がよく出てきますが
この作品ほど、それに違和感の無い作品も無いんじゃないでしょうかw
(主人公は味覚障害で、常にあらゆる調味料をドボドボにかけ
変な色になった物を食べている)
画像



とまあ、通常時は上手く本編を活かして演出に落とし込んでるんですが
問題AT以降で、構成自体は悪くないんですが・・・


まず、AT突入最初の10Gでバトル突入の経緯や敵の内情をEP演出で見せ
その後、残り8Gで継続バトルに
次回以降は最初の10Gが押し順ナビの雑魚バトルに変更
残り8G継続バトルの繰り返しで7連ごとに敵が変わる
画像

7Rの後半8Gは本編映像抜粋&新規?でのアニメバトルに
勝てば、次の敵のEPに移行&継続率UPのチャンス
画像

画像

最初EPと決着部分は本編取り込み映像


押し順雑魚はブラッド・クレイドルが担当
画像



継続確定演出で仲間が助けに来る事もあり
上述したように、この台では最初から全員仲間になってるので
ディアブロ・オブ・マンデイ戦で本編では
登場すらしてないプリシラが助っ人に来たり
画像

画像

(エルドラソウルは未登場っぽいです)


レイのヴォルケインが拡散マントで攻撃を防いだりする
この台ならではのバトルが見られます
画像



あと何と言ってもAT突入で最初にかかる曲が
原作のメイン楽曲であるOPってのが素晴らしい
出し惜しみ無しで
AT突入〜メイン楽曲起用で
ガンソード感をまず体感させ高揚感を煽る
この構成も見事です
すぐメイン楽曲隠蔽するサミーは見習えと
ただ残念ながら二人目以降はオリジナル?の歌に変更されてしまいます・・・


ちなみにダン召喚時はちゃんと何時ものBGMが流れます


主人公と同じ系列の機体であるオリジナル7とのバトルを
単なる1〜2Gでの演出バトルにせず
じっくりゲーム数使っての継続バトルした判断は原作ちゃんと見て
軽く扱う敵ではないと判断したからでしょう

通常時は格下のヨロイなんで数Gで決着
AT中、強敵のオリジナル7なんで7R掛けて決着と

本編の敵スペックに合わせて、ちゃんと差別化されてるのは素晴らしいですね

(まあスロ演出なんで、その格下の雑魚ヨロイにダンがよく負けるんですが・・・
その辺、もう少し考慮して欲しかったかな)

ここまでは、問題無いし原作を活かして上手く作ったと思います
ここから駄目出しです


まず、この台がこの版権で絶対にやるべきだった事として

主人公の機体含む、オリジナル7と呼ばれるロボットは
それぞれのパイロットの使う武器と同じ武器形態で
専用の衛星から落下、人型に変形して戦闘と言う流れがあるんですが

7体の内、「メッツァ・オブ・チューズデイ」と「セン・オブ・サタデイ」の二体のみ
召喚シーンがカットされてて、武器形態が登場してないんですよね

それを、スロオリジナルの新規シーンで召喚演出作って
「メッツァ・オブ・チューズデイ」と「セン・オブ・サタデイ」の武器形態、初映像化!
これだろ?今後再映像化の望みなんか無いんだから
ここでやらないでどうするよ?
ファンの溜飲下げようよ?
設定画すら公開されてないらしいんで、スロでやらないでどうすんだ!



次、本編再現って意味では
完全にズレてしまった部分として
AT中の新規バトルは全部セルルックCGになってしまってます

画像

画像

画像

画像


本編の原案でありメカ作画のビジュアル面を牽引した
山根 理宏の大張系手描きハッタリアクションは全く再現されてません
よってロボット物なのに、肝心のメカシーンの再現が一番低いと言う
本末転倒な作りになってしまっており

手間掛かるメカシーンをCGで誤魔化すのは
よくある事ですが、リアルロボット系ならともかく
これ、この作品では一番やっちゃいけない選択肢だったと思うんですが?


さらに北斗フォーマットにはめ込もうとしすぎて
本編設定と矛盾が発生してるっぽいんですよね

敵の攻撃パターンがラオウに準じてる為
ビーム系の飛び道具が最強攻撃扱いになってる感じで
本編では二戦目のウー戦でヴァンが電磁シールド使える様になって以降
あまり効果の無い攻撃に成り下がってた筈なんですが

そんなの関係無く剛掌波扱いっぽいんですよね・・・

まあ、ウー戦自体も覚醒シーンがフリーズにまわされてる関係で
敗北〜覚醒の流れがカットされてて
馬鹿ヴァンのまま戦うので、電磁シールド身に着けてないって設定なのか?

あとミハエルとのバトルが月面に設定されてて
(本編では一戦目・宇宙で戦闘〜引き分け、二戦目・地上で決着
だったんですが、この台では背景月面に変えた二戦目の半新規映像?で月で決着する模様)

で、普通に宇宙にヴォルケインが助っ人に来てるんですよねw
画像

いやいや、本編でダンを宇宙に打ち上げるのにどんだけ苦労したか見ただろう?と
来れる訳無いし、機密性も駄目っぽいし
どうみても宇宙で姿勢制御する為のスラスターとか無いよねw

とにかく、通常時は良い感じなのに
AT中の映像&演出が酷いのが残念な台でした


最後に声関係
声優はメイン系のキャラはボス系含めて全員本物起用してたと思います
予告ナレーションで銀河万丈さんもいました
エルドラVはメインの佐藤正治さんのみっぽかったです

特筆すべきは、かなりの高齢なんで別キャスト覚悟してた
ガドヴェド役の岸野 一彦さんがちゃんと起用されてる事で
良い声聞かせてくれてます
画像

この時の気合の叫びが、ネプチューンマンそのものでシビレましたw


プレミア演出でやたら寿司ネタが出て来るんだが
新規作画まで起こす気合の入れ方といい
元ネタが、なんか有るんでしょうか?
画像

画像

画像

画像





で、この後3〜4機種?はさんで一年後ぐらいには
いよいよメタルギアを出したいそうで
ボタンのとこまで液晶になってる?
全面液晶?の新筐体らしいです



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バカがスロットでやってくる パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる