パチンコ・スロット原作愛について語るブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新味が無さ過ぎる・・・

<<   作成日時 : 2016/07/16 02:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

ユニバ「DEAD OR ALIVE 5」
画像

まず、パチでブランドに土付いてしまってイメージの良くない
ナンバリングタイトルでは無く
エロバレーのエクトリーム版権で出したほうが
新味もあるし多少は訴求力も増すんじゃないかと思うんですがね・・・

で内容ですが
チャンスゾーンのバトル演出の内容が
上乗せに影響するシステムは良いと思うが

(ARTがベルナビ回数を持ったの玉の数で管理されてて
それを貯めるんだが
色にたいしてナビ何回なのか?とか含めて
パッと見て分かりずらく、作り手の独りよがり感が半端無い)

発展からのバトル以外は、
通常時、船でくつろいだりジャングル探検したり
ARTが敵?の基地内みたいなとこで延々走ってるだけと

(そのバトルも原作再現で高低差活かしたダイナミックなカメラワーク演出含め
格闘ゲーム的にはすごくても
結局スロなんで見てるだけで、むしろその辺の普通の
パチやスロでありがちなバトル演出っぽくなってしまってて
ゲームっぽくないのが逆にマイナスに作用してる感じがしました)

ART中の特化ゾーンはAlpha-152とバトル
画像


ベタベタな演出フォーマットに嵌め込んだだけの普通〜な演出構成で
タッグ戦みたいのもあり、鉄拳臭が半端無いです
画像

版権知らない業界人とかなら
鉄拳のパチ物程度にしか見えないでしょうね・・・

まあ格闘ゲーム自体が、パチやスロ化には向いてないって
常々思っているんですが

格ゲーの全体の印象と言うか演出比率って
日常やストーリー演出とバトルの比率が
1:9
ぐらいだと思うんですよ

しかし、この台と言うか大体の格ゲー物って
9:1もしくは8:2ぐらいで

ずっと戦ってる印象の原作のイメージと真逆の物にしか
なってないんですよね

その時点で原作印象と違う別物でしかなく
バトル比率のイメージの落とし込み問題を何とかしない限り
(既存のフォーマットにハメてるだけの物作りでは)
格闘ゲーム版権と言う素材を活かした台は永遠に作れないと思いますよ

とにかく、何の変哲もない駄目印象を継承しただけの格ゲースロです



ついでに「えとたま」も

通常時は2Dアニメの発展演出もあるみたいだが
基本的には、本編流用のSDCGモデルによる映像で
クオリティ自体は高いが、まあ手抜き感は拭えない

さらに、連荘中のえとたまラッシュが酷くて
本編での変身中に走ってた
鳥居が並んでる道を延々走ってるだけ
そこで他の干支神と戦って勝ち抜いて行くんですが
走ってる途中に、他のキャラが現れて並走
そのままレースになって先にゴールすれば当たり
ラウンド終われば、また走ってるだけの映像と
(一応、通常からのリーチ演出で何人かのバトルは収録されてる様ですが)
原作の様々な干支神とのバトルやストーリーを落とし込もうなんて気は
さらさらないようで、本編素材で適当に作りました感しかない
かなりの手抜き台です

牛や猪の死ぬエピソードとかもちゃんと入ってないんだろうね・・・
意外と原作好きだったんで、ガッカリですよ


まあ、二機種見て改めて思いましたよ
ユニバは版権物作るの下手糞だなと・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新味が無さ過ぎる・・・ パチンコ・スロット原作愛について語るブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる