放置記事②俺より強い奴に・・・

エンターライズ「ストⅣ」

液晶画面は、基盤性能が本物とは違いすぎるので
かなりポリゴン数も減ってるし、表面のテクスチャー処理も粗いんですが
液晶が小さいのもあり、十分綺麗に見えますし
あのレベルの劣化に抑えれたのは逆に凄いかな~と

スロ的にも、対戦=上乗せ契機とすることで
元のゲームの乱入対戦時の熱さとリンクさせてるのは
システム的に上手く落としこんだ部分だと思います

ただ気になるのは、ストⅣで有りながら
一般認知度が高い為の販売上の戦略なのか
ストⅡとのイメージのすり替えをおこなっており
結構、違和感として引っかかるんですよね・・・

例として、主題歌がストⅣのエグザイルではなく
ストⅡの「恋しさと せつなさと 心強さと」のカバーだったり
キャッチコピーが「俺より強い奴は出てきたか」ではなく
「俺より強い奴に会いに行く」だったり、と

だったらストⅡでいいんじゃないのか?って気になりますが
まあ元からモデリング素材があり、最新版権でもあるのが
Ⅳになった理由なんでしょうけど、中途半端は否めないかな?と

声優関連は勘違いでした、申し訳ない
やはり打ち込み不足は駄目ですね・・・
まあ放置記事なんで、ご容赦ください


演出面も、よく出来てるとは思うんですが
所々意味不明な部分が有り、気になる部分ではある

で、一番気になった部分
バトルの逆転演出で、よくある北斗のパロディで春麗がカットインして
リュウの名前を叫ぶ演出が有るのですが
いやいや、そこはケンだろうと
リュウと春麗なんてほぼ他人だろ

どうせストⅡとのすり替えやるなら
そこは、ケンのカットインから
ケンが助っ人登場して、起用してある
「恋しさと せつなさと 心強さと」をBGMにして
リュウ&ケンでダブル波動拳を放つ
アニメ映画版のラストを再現した逆転勝利にすべきじゃないか?

(リアルタイム処理の関係で二体以上のモデルを同一画面に出せそうもない感じなんで
三人が同一画面に出ないようにカット割りで上手く処理して再現して欲しかったかな~)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

niya
2011年10月21日 20:34
ストリートファイターの声優さんはその時次第でころころかわりますからねー。
個人的には、ZEROの森川リュウ、3rdの大川リュウが好きでしたね。大川さんはⅣで剛拳になってますが。
カプコン的にも偉大なスト2の影響を捨てきれないというのもあるんでしょうが、当時を知るスタッフがほぼ全員いないというのも、わかってない演出の原因だと思います。
貢献してきた社員をあっさり切り捨てている会社ですから無理もありませんが。
私的にはストEXシリーズで出ないかなーと思ったりw
アリカが許可を出すとは思えませんがねw
abe
2011年10月24日 02:11
そもそもストⅣのエグザイル起用自体ミスチョイスだったと思っているので、テーマ曲に関してはナイスだと思いますねw
アベル使いとしてはアベルが出てくるだけで満足です。セスが居ないのが謎すぎますけど。
くい
2011年10月31日 18:40
あのー今更ですがリュウの声優は公式や試打動画で聞く限り変わってないですよ?
高橋広樹さんで間違いないと思います。
確認されればすぐわかると思うので訂正しといたほうがいいかと。

資料とかに書いてあるならみたいですが
2011年11月07日 03:58
niyaさんこんにちは^^

リュウの声優は勘違いでしたね・・・
やはり打ち込まないと駄目ですねw

ただ、声優コロコロ変わるのはどうなのよ
ってのは思います、個人的には森川リュウが好きですね~
カプコンは、もう駄目ですね・・・
全盛期を支えた人間、ほとんど残って無いですもんね、主軸のモンハンも一作目の基本を作ったのは当時のアーケードのメインスタッフだったそうなんで、結局過去のスタッフの遺産でしかないですし・・・

あきまんの参加するストシリーズがもう一度見てみたいです
2011年11月07日 04:00
abeさんこんにちは^^

まあ一応、使われちゃった以上
主題歌なんで使って欲しかったかな~と
特に好きな曲でも何でもないんですけどねw

セスもパンフには載ってたんで
出て来ると思いますよ
2011年11月07日 04:03
くいさんこんにちは^^

ご指摘ありがとうございます
今、設置した後、打って確認しました
完全に聞き間違いですねw
いや~申し訳ない、まあ一応放置記事ってことでご容赦ください…
やはり打ち込まないと駄目ですね

この記事へのトラックバック